2016年9月

牡蠣の鍬焼きサラダ仕立てと旬の焼き魚添え

牡蠣の鍬焼きサラダ仕立てと旬の焼き魚添え

鍬焼きには、広島産牡蠣を使用。片栗粉をまぶしてフライパンで炒め、少量の醤油で味付けしています。
そもそも「鍬焼き」とは、フライパンなどが無かった時代に農作業で使用する鍬(くわ)の上で焼いたことが由来。まだまだ暑さも厳しいので、トマトとアボガドのドレッシングを合わせてさっぱりと仕上げました。
一緒に添えているのは旬魚の幽庵焼き(つけ焼き)。写真では鰈(カレイ)を使用していますが、金額に応じてノドグロ(アカムツ)やキンキなどの高級魚も提供させていただきます。

この時季『こうの』は、旬の松茸をふんだんに取り入れたコース内容となっております。
ぜひこの機会にお越しください。

「牡蠣の鍬焼きサラダ仕立てと旬の焼き魚添え」は、会席料理(5,400円~)の中の一品。
料理内容は、仕入れ状況によって随時変わりますので、「牡蠣の鍬焼きサラダ仕立てと旬の焼き魚添え」をご要望されるお客様はご予約の際にお伝えください。

前のページヘ <       > 次のページへ

旬だより

2019年十月

2019年九月

2019年八月

2019年七月

2019年六月

2019年五月

2019年四月

2019年三月

2019年二月

2019年一月

2018年十二月

2018年十一月

一覧へ