2014年四月

海老真薯の彩り蒸し

海老真薯の彩り蒸し

ずいぶんと暖かくなってきました。
四月の旬だよりでは、「真薯(しんじょ)」をご紹介します。

真薯は、魚などのすり身を山芋でつないで形どる、日本料理で昔から行われている仕事。今回は、魚のすり身、蓮根、海老を山芋でつなぎ、そこに今の季節でしか味わえない そら豆をふんだんに抱かせて蒸しあげました。旬を迎えたグリーンピースの餡と一緒にお召し上がりください。

真薯のもっちりと柔らかな食感と、そら豆のホクホクとした食感。そして何より、春を感じさせる そら豆の香りと味わいが楽しめる一品です。

「海老真薯の彩り蒸し」は、夜の会席料理の中の一品。
料理内容は、仕入れ状況により随時変わりますので、「海老真薯の彩り蒸し」をご要望されるお客様はご予約の際にお伝えください。

前のページヘ <       > 次のページへ

旬だより

2018年十二月

2018年十一月

2018年十月

2018年九月

2018年八月

2018年七月

2018年六月

2018年五月

2018年四月

2018年三月

2018年二月

2018年一月

一覧へ